Chiffon by u-coworks

© 2017詩穂音All rights reserved

ワークショップに参加しました

November 24, 2016

 

茨城県日立市川尻町にひっそりと佇む喫茶店「詩穂音」のオーナーで、大高かおる堂のパティシエールのコミネユウコです。そろそろ髪を切りたいと思ってます。

 

先日、ハヤシラボさんのクリスマスリース作りのワークショップに参加してきました。

 

 

 

最初に、クリスマスカラーの意味や作り方、材料の説明を受けます。クリスマスカラーの赤・緑・白にはそれぞれ意味があって 、「赤」はイエス・キリストが十字架で流した血の色から「愛と寛大さ」 、「緑」は真冬でも枯れずに、葉を茂らす常緑樹(もみの木やヒイラギ)の色から 「永遠の生命の象徴」 、「白」は雪。「純潔 」を意味するそうです。

お菓子もそうですが、作るときの背景にある意味を知っているのと知らないのとでは、思いの入れ方が違ってきますよね。勉強になります。

 

丁寧に説明してくれるハヤシラボの穴澤さん

 

説明が終わったら作り始めます。土台となる輪っかに適度な大きさにしたヒムロスギをを巻き付けていきます。これが結構難しい...ワイヤーを強く巻きすぎると、スギがつぶれちゃうし、緩く巻くとほつれてくるし、どのくらいの力で巻けば良いのかとうとう解らず、最後は講師の穴澤さんにやってもらいました...(-_-)

最初の状態

切りました

何となく形になってきた...

 リューカデンドロン「プルモサス」

   リューカデンドロン「ジエイドパール」

 

リューカデンドロンの他に、コットンとセンセーショナルファンタジー(バラの実)を好みで飾って完成です。

 完成です!

一日経ったらリューカデンドロンが開いた

 

出来栄えは、とても満足しています(^-^)後は、センスと好み問題なので何とも言えませんが...クリスマスが終わったら、飾りを変えて、一年中楽しみたいと思います。教えて下さった、ハヤシラボさんありがとうございました。今度はでっかい苔玉作りに挑戦したいなぁ...

詩穂音

茨城県日立市川尻町5-5-8

0294-43-7855

www.chiffonkun.com

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload