Chiffon by u-coworks

© 2017詩穂音All rights reserved

理想のお店

December 4, 2016

茨城県日立市川尻町にひっそりと佇む「詩穂音」のオーナーで「大高かおる堂」の菓子職人をしているコミネユウコです。昔から徹夜はできないタイプです。

 

今回はコミネユウコの思い描く、理想のお店について綴りました。ちょっと過去を振り返りましたので、よかったらお読みください。

 

早いもので、私が「詩穂音」のオーナーになって半年が経とうとしています。マスターツトム(旦那)に任せっきりで、ほとんどお店にはいませんが、最近少しずつお客様と顔を合わせる機会が増えてきました。TwitterとかFacebookとかで繋がる方も増えてとてもうれしく思っています。詩穂音ではマスターツトムが接客を担当していますが、東京で一緒に働いているときは逆でした。マスタ―ツトムは厨房でいつも偉そうに紅茶を淹れていました。私はその紅茶をお客様に運ぶウェイトレス。散々いじめられたので、今は私が偉そうにしています。(笑)

 当時井の頭公園で撮った写真

 

当時、私は下北沢や吉祥寺が大好きで休みの日はほとんど井の頭公園に居ました。写真を撮ったり、歌をうたったり、ボート乗ったりしていました。井の頭公園で写真を撮っていると、知らないおじさんが「カレー作れるやつ知らないか?」って話しかけてきたり、知らない外国の方が写真を撮れって言ってきたり、素敵なカメラ男子が写真を撮らせてくれって言ってきたり、歌うたいのお兄さんと仲良くなったり、公園仲間が出来たりと自然にコミニティが出来上がっていて、とても充実した公園生活を送っていた記憶があります。(幼少期の記憶は薄いけど二十歳以降の記憶はある)

 

先日のモノクロのコロノアノコロのイベントの時に、お客様同士が楽しそうにしているのを見て、ふと当時の井の頭公園の光景がよみがえり「私、この店を井の頭公園みたいなお店にしたい!!」とマスターツトムに伝えると「ふーん、わかった。」と適当な返事が返ってきました。おそらく、マスターツトムは下北沢とか吉祥寺とか若者がいる場所が苦手だったから、井の頭公園にもあまり行ったことがないので、イメージが沸かなかったのでしょう。なので、本当に解ったかどうかは謎ですが、とりあえず伝わったみたいなので、マスターツトムと力を合わせ、公園のような空間を作りたいと思います!ただ一つ気がかりなのは、ボート乗り場をどこに作るかと言う事ですかね...(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

詩穂音 www.chiffonkun.com

茨城県日立市川尻町5-5-8

0294-43-7855

Please reload