Chiffon by u-coworks

© 2017詩穂音All rights reserved

ジャリおじさんと新しい絵本

January 7, 2017

茨城県日立市川尻町にひっそりと佇む喫茶店「詩穂音」のオーナーで、時に「大高かおる堂」の菓子職人でもあるコミネユウコです。最近、体力のなさを痛感しています...

 

詩穂音も5日から営業が始まりました。昨年同様、まったりとしたいつもの詩穂音です...ブログの更新も相変わらずのスローペースです。年末に書こうと思い寝落ちして、下書きのまま放置されている記事があったり、書こうと思っている事があったりで、何から手を付けてよのかわからないので、ひとまず書き出してみることにしました。さあ、早速書き出してみましょう!!

 

・うどんの事

・娘の誕生日

・地震

・息子の誕生日

・絵本とジャリおじさん

・お皿とスプーン

・義理の妹家族と食事

 

書き出してみると思ってるほどなかった...(笑) 今日はこの中から「絵本とジャリおじさん」について書きたいと思います。

 

昨年、Facebookで詩穂音にある本の種類を「美術本だけではなく絵本も増やしたい」とチラッと言っていました。なので、さっそく増やしてみました。一度にたくさん増やすことはできないので、ささやかに2冊ほど増やしました。

一冊はヒグチユウコさんの「せかいいちのねこ」

毎回、同じところで泣きそうになって(泣いて)しまう、やさしい気持ちになれる一冊です。ヒグチユウコさんの独特な世界観がたまらなく好きです。あぁ、ニャンコォォォォォォ...すみません、好きすぎて取り乱しました...

もう一冊は谷口智則さんの「100にんのサンタクロース」

サンタさんはプレゼントを運ぶ以外にも、あんなことしていたんだね...と知らなかったサンタさん達の生活に思わず微笑んでんでしまう一冊。可愛らしい缶にもなってます。

 

どちらも素敵なお話なので良かったら読んでみて下さい(^-^)

 

そして、詩穂音にある絵本と言えば大竹伸朗さんの「ジャリおじさん」が有名ですね。(ジャリおじさんについてのブログはこちら)あの「ジャリおじさん」のフィギュアがさりげなく店内に飾ってあります。

 ジャリおじさんは鼻の先っぽにひげが生えている、ちょっと変わったおじさんです。マスターがちょこちょこ移動させているので日によっている場所は違いますが、いつもわかりやすい場所に居るので探してみて下さい。

 

ひとまず2冊増えましたので、興味のある方はぜひぜひ遊びに来てください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

詩穂音 www.chiffonkun.com

茨城県日立市川尻町5-5-8

0294-43-7855

 

 

Please reload