Chiffon by u-coworks

© 2017詩穂音All rights reserved

お弁当(作る)生活始めました。

April 21, 2017

 

4月です...

えぇ...4月です。

って、もう4月21日ですけどね。

茨城県日立市川尻町にひっそりと佇む喫茶店「詩穂音」のオーナー、コミネユウコです。久しぶりの更新なので、最近の私の様子を書きます。

 

4月になり息子が高校生になりました。と同時に、お弁当ライフが始まりました。小さい頃は完全給食の保育園に通っていたので、本格的なお弁当ライフは今回が初めてでございます。お弁当作るのは嫌いじゃないんですけど、早起きがあまり得意ではありません。

幸い、近所の高校に通うことになったので、すごーく早く起きなくてはいけないとかはないんですけど、何分要領が悪くて...何が一番時間がかかるかって言うと、考えてる時間が長い...

 

どうしたもんだろう?

正直作るのは早いのです。

ただ、考えてる時間が完全にロス。

 

朝だけじゃないのです。

夕飯とかも考えてる時間が、ただただ長い...

考えている途中に、うっかり居眠りしたりもします。

 

スーパー行っても色々考えてるもんだから、しばらく帰れない...

やっとの思いで、レジに行くと最初の頃にかごに入れたものを忘れている始末...

で、本当に必要なものを買い忘れる...自分が残念で仕方がない。

 

家帰って、買ったものを冷蔵庫にしまいながら再び迷走...

土壇場で、やっぱりメニュー変えようかな?ってなる。

むかしから優柔不断で、ファミレスのメニューとかなかなか決められない。

 

こんなんだから常に頭の中がお弁当の事でいっぱい。ずっと、何を入れるかが決まらない。

息子に「お弁当もう少し手抜きでも良いよ...」と言われたのだけど、どこをどう手を抜いていいか良く分からないし、そもそも作るのは嫌いじゃないから、無理して作っているわけではない。

 

だだ、考えがまとまらないのだ。決まってしまえば、作るのは30分くらいあればちゃちゃっと出来る。「あれ食べたい!」ってはっきり言ってもらえると助かるのだが、そんなにうまくはいかないもので、決まって「なんでもいいよ...」と言う。「なんでもいい」って...だからと言って白米と鮭フレークとかじゃだめなんでしょ?はぁ...息子の高校生活始まったばかりなのに、今からこんな調子で大丈夫なのか私!?

 

ちなみに私の母は、私が高校生の時3年間毎日お弁当を作ってくれた。兄の時からだから、7年間か?しかも母はやけに早起きだったし、毎日遅くまで仕事していた。今思うとほんとに凄い。感謝しかない。私は母と同じようには出来ないけど、出来る限りの事はしたいと思っている。その為にも、お弁当のない日曜にどうしたら考えずにお弁当作れるか考えたいと思う..(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

詩穂音

茨城県日立市川尻町5-5-8

0294-43-7855

 

Please reload